ゆるくビジネスを学ぶ

ビジネス初心者でもわかりやすくビジネスの基本から最新情報まで

VC(ベンチャーキャピタル)とは?わかりやすく解説します。

VC(ベンチャーキャピタル)はベンチャー企業や投資に関わる際によく耳にするワードですが、実際にベンチャーキャピタルとはどのようなものか、ここでは分かりやすく解説します。

 

ベンチャーキャピタルとは?

投資会社や投資ファンドのことで、これから成長するベンチャー企業に投資し、その企業が上場した際に株価が上がった株式を売却することで利益を得ています。

 

ベンチャーキャピタルの仕組み

ベンチャーキャピタルは、資金を提供する金融機関や事業会社とベンチャー企業との間に立って、出資や経営コンサルティングを行って企業の価値向上を目指します。

https://m.incubatefund.com/media/vc_1

運営母体となる金融機関や事業会社、投資家から、資金を集めて投資ファンドを形成し、成長が期待できる企業に出資します。

 

ベンチャーキャピタルと銀行との違い

銀行 = 融資

  • 返済の必要あり
  • 利息がつく
  • 信用と担保が必要
  • 細かい審査

ベンチャーキャピタル = 出資

  • 返済の義務なし
  • 担保がなくても成長可能性があれば出資を受けられる
  • ビジネスモデルを重視した審査

ベンチャーキャピタルは資金を返済する義務はなく、万が一企業が上場できない場合に、出資した資金を回収できないリスクがあります。

その為、ベンチャーキャピタルは成長の見込みがある企業をリサーチした上で、経営のコンサルティングや支援を行い、企業の上場を目指します。

 

ベンチャーキャピタルのメリット

ベンチャー企業は担保が十分でないと銀行からの融資を受けられませんが、ベンチャーキャピタルでは成長の見込みがあれば出資と経営コンサルティングを受けられます。

出資元の会社や投資家の目的はさまざまですが、出資元の会社と事業提携ができる場合もあります。

 

まとめ

ベンチャーキャピタルについて全体像はご理解いただけたでしょうか?

ベンチャーキャピタルはベンチャー企業や出資母体となる企業や投資家にとってメリットのあるビジネスモデルです。

次回はベンチャーキャピタルに出資する会社や投資家について解説します。