ゆるくビジネスを学ぶ

ビジネス初心者でもわかりやすくビジネスの基本から最新情報まで

BNPLって知ってる?実は身近な支払い方法・Appleも参入

後払いという言葉を聞いたことがある人も、多いのではないでしょうか?

BNPLとは「Buy Now Pay Later(今買ってあとで支払う)」を意味する、後払い決済のことです。

日本でも聞いたり、利用したことのあるサービスかもしれませんが、今BNPLが海外で話題となっています。

BNPLは売り上げを伸ばす?

BNPLの利用者は増加しており、

「BNPLは売り上げを伸ばす方法として、消費者や商人たちの中で人気があると証明されている」

と専門家のアナリストであるDaynaFord氏は語っています。

Appleの新しいBNPLサービスとは?

BNPL市場の規制や競争が激しくなる中で、Appleも後払い決済を取り入れはじめました。

「Apple Pay Later」と呼ばれるこのサービスでは、

  • 簡単なクレジットチェックと
  • Appleとの取引履歴の確認だけで

6週間にわたって4回の分割払いにされた購入ができるようになりました。現在、アメリカでApple Payを導入している数百万の会社から購入が可能です。

日本の後払い決済とBNPLとの違い

これまでお話してきたBNPLと日本でいう後払い決済(先延ばし決済)は少し異なる点があります。

日本では

  • 支払い回数が一括で
  • 支払いを翌月か翌々月に先延ばしできるが
  • 手数料は消費者負担

であることが一般的でした。

しかし海外(BNPL)では、基本的に

  • 手数料無料で分割払いができ
  • 決済手数料も加盟店負担

とされています。

まとめ

BNPLはコロナで増加したネットショッピングの影響で、利用が増加したと考えられます。

主な企業としては、アメリカのAffirm、オーストラリアのAfter Pay、スウェーデンのKlarnaなどがありますが、日本でもPaidyやメルペイスマート払いなどの後払い決済サービスが開始されています。

AppleやAmazonなどの大企業も進出しているBNPL市場は今後も拡大が期待できそうです。BNPLがもっと身近な存在になっていくのかどうか楽しみですね。

参考:https://techcrunch.com/2022/06/11/apple-enters-the-bnpl-market-as-regulation-competition-intensify
https://squareup.com/jp/ja/townsquare/what-is-bnpl